医療用ウィッグのスリール

 
スリールのウィッグ
 

医療用ウィッグのスリール

医療用ウィッグと治療後の髪のための患者様専用ヘアーサロンBlog

医療用ウィッグ・スリールはズレなく見た目も自然

2017年10月05日

スリールのベースのストレッチネットは細かい部分まで繊細な仕上がりで被っているときの安心感と見た目の自然さを生み出します。

 
 

 

一般的なウィッグの揉み上げ部分は顔との間に隙間が空いてしまう構造が多く、
 
風が吹いた時など顔回りが見えて不安です。
 
スリールは、もみあげがしっかり作られており、フェイスラインがぴったりフィットします。
 
 
 
頭の形は、お一人おひとり違います。
 
手縫いのサイズ調整で、よりピッタリした安心感を作りだします。
 
ウィッグ製作の際に、その場でウィッグを被っていただき、
緩い部分を待ち針で留めて縫い縮めていきます。
 
 
 
 
脱毛前に製作すると脱毛後にゆるくなったり、副作用で浮腫んだり、治療後に髪が伸びたり、
 
頭のサイズも変わるので、サイズ調整はその都度、手縫いで行います。
 
ご購入から1年間の無料サポートで、サイズ調整は何回でも出来ます。
 
途中で頭のサイズが変わっても安心です。
 
 
 
 
 
サイズがぴったりになったウィッグは、ずれない安心感だけでなく、被り心地も楽なんです。
 
 
「ウィッグだから走れない(走ると顔回りが浮いてしまう)」
「ウィッグだから仕方ない・・・」
 
ウィッグを使用していてもいつも通りの生活が送れるように・・・
 
ウィッグだからとあきらめてしまうことが1つでも無くなるように・・・
 
私達、医療用ウィッグスタイリストの願いです。

 
 
 


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
 

ご試着・ご相談は
最寄のスリールお取扱サロン
ご連絡下さい。
スリール商品についての
お問合わせ
03-6424-8578
info@sourire-wig.com

IKUS医療美容ケア研究会
ikus.医療美容ケア研究会

がんと闘う患者様を美容を通してサポートする美容関係者団体    www.ikus.life

 
化学療法による脱毛には医療用ウィッグ製作や治療後の自髪ケア、まつ毛と眉毛の対策、ネイルケアなど、化学療法中の美容トラブルに関してのさまざまなお悩みに力を貸してくれる団体「ikus」があります。
いつもの、ごく普通の暮らしが出来るようサポートを行いながら、患者様向けのビューティーレッスンや、茶話会などのイベント開催とメールマガジンによる情報発信を行っています。
美容関係者向けには、様々な勉強会や講習を開催しています。

 スリール取扱店は、「ikus.医療用美容ケア研究会」の会員です。